Top page  1/15
02
2017

インスタグラムで発見。

CATEGORY未分類
アルミ削り出しの、新しいオープンジェットアルコールストーブ!。
いいね、押しちゃいました。

野外生活社の新製品だそうです。
写真が一枚だけなので細かなことは分かりませんが、一般的な副室加圧式の様に見えますね。
まだホームページには載って無い様で詳細は不明ですが、蓋が付いている様でちょっと興味が湧きます。

発売はいつ頃なんでしょう、お値段は?。ひょっとして、火力調整蓋も有る?。


04
2017

ちょっと興味を引いた記事が有った。

CATEGORY未分類
SectionHikerの中のページ

Top 20 Backpacker Recommended Backpacking Stoves – 2017

のタイトルで、バックパッカー700人を対象にした利用しているストーブに関するアンケート調査の結果が纏められているのでご紹介。

Backpacking-Stoves2.jpg 

燃料別では当然のごとくガスが1位なのだが、2位にアルコールが入っており1位2位の合計で約80%という数字になる。以下、ガソリンやウッドなどが続いている。
文章より上記ページで表やグラフを見る方がわかり易いです。

目を引いたのは、使われているストーブTOP20のメーカー(モデル名)の表。
全体の2位にアルコールストーブが入っていて、MYOGと書かれている。アルコールストーブの2位は全体の5位に位置していて、Trail Dsiguns 12-10 Stove(カルデラコーンと考えて良いと思う)なのだが、MYOGとの数の差は三倍以上もあり圧倒的にMYOGが支持されているのが判る。
これを見ると、アルコールストーブって自作派(U.L.な人達?)に支持されているんだと思う。
ストーブのタイプまでは解らないが、海外ではサイドバーナー(五徳不要なタイプの意)の割合が多いんでしょうね。

個人的にアルコールストーブは、もっとマイナーと言うか趣味的に使われているんじゃないかと思っていたので、全体の2位にMYOG Stoveが入っていたのが意外で、チョット嬉しくもありました。
意外に検討しているなと感じたけれど、日本ではどんな結果が出るのだろうか?

他にも選択の目安とか、何台持ってるか、などが書かれています。
短い記事なので読みやすく、グラフや表に纏められていますので英語に弱い私でも理解出来ました。
ちなみに、全体の7位にスノーピーク(ガス)が入ってます。

興味のある方はご覧になって見ては如何でしょうか。


16
2017

オープンTwin-jet ストーブ

CATEGORYつくる
『小さな炎を二つ重ねると大きな一つの炎になり、火力が上がって省エネになる。って話をTVでしてたよ。』と聞いたので検証してみます。
メーカーは、同じ火力設定ならエコになると説明していたそうな。

で、比較するストーブは改めて作るのもアレなんで、前作とします。

th_IMGP5011_Fotor.png 
2ジェットで1セット=0.5mm x 10セット(20ジェット)。

前作のストーブは0.7mm x 20ジェット(等間隔)、ジェットの数は同じで口径と開け方(間隔)が違うだけです。


Tag:アルコールストーブ ツインジェット

29
2017

やった!タクマ日本人初。快挙。

CATEGORY未分類
101回目のインディー500マイルレースで優勝しました。
2012の忘れ物を自分で拾いましたね、最高、ありがとう、ファイタータクマ。
14
2017

エバニュー400FDの蓋が!。

CATEGORY未分類
使用頻度が多い400FDです。
買った当初は蓋が無いために出番が少なかったんですが、かぶとやま工房さんの蓋を手に入れてからは主役で頑張ってもらっています。日帰りメインの私には使い易いサイズのマグなんです。

th_リッド+マグ 
購入したての頃。

今年、エバニューから専用の蓋が発売されました。兜山工房さんの蓋はアルミ製で内蓋式、蓋のトップはマグより落ち込んでいます。エバニューの蓋は外被せ式で、蓋のトップはマグより微妙に上になります。品名はディッシュとなっているので、蓋としても使える程度なのかもしれませんが、ピタリと嵌ると某ショップのブログに有ったのとチタンに惹かれて思わず。
ところが・・・・・。



06
2017

普通のオープンジェットアルコールストーブ

CATEGORYつくる
全く進展の無いOJS-hc(ハーフチャンバー)ですが・・・。
何とも手の打ち用が無いので初心に戻り、基本形を見直す事にしました。

初めて作った自作アルコールストーブがこのタイプでした、この後はウコン缶に進みサイドBに至って一旦終了。
その後、ブログを始めてからは作っていませんでした。

th_IMGP5016.png 
前作と同じ失敗を返している事は、ナイショです。

H=35mmで0.7mm x 20ジェット。


Tag:アルコールストーブ OJS 極普通

23
2017

Harf Chamber Stove -W.Jet

CATEGORYつくる
前作の駄ストーブを、そのまま捨ててしまうのは勿体無いのでチョット悪戯を。

クッカー(マグ)素材の実験で、素材の影響より平型の方が沸騰時間を短縮出来る事が判りました。底径80mmのマグより底径120mmのケトルの方が、30秒程度速く沸騰したんです。

前作の内向き炎ストーブに外向き炎を加えて、広いクッカー底には広い範囲の炎でしょ、と企てました。

th_IMGP5014.png 
外側に12ジェット追加しました、内側には既存の12ジェットで計 24ジェットです。

内炎式と外炎式と両方の良いとこ取りは出来ないでしょうか?と、都合の良いことを考えています。



Tag:アルコールストーブ ハーフチャンバー W・Jet