23
2016

アルコールストーブ OJS-hc 最適化を目指して。そして。

CATEGORYつくる
最適化を目指して、の一つ目。そして・・・。
more fast & more power と言う事で仕様変更。

変更点は2ヶ所。
センターホールをφ34からφ36に2mm拡大し、more fast に。
ジェットをφ0.7mmはそのままに数を8から12へ増やし、more powerに。

th_th_hc12-1.png 
ジェットの数以外に変化は無し。

同じ様な写真が続いて、飽きますよね。

3台目ともなると工作のカンも戻って来ます。

th_th_hc12-2.png 
内向きトルネードです。

基本的にはオープンジェットストーブです。センターホールやジェットのサイズ・数と、起動時間や燃費の関係は同じでしょう。数字を変えればそれなりに変化が出る、と思います。
問題は、数字と変化の程度の関係が解らない為に検証を重ねて最適値を探す、アナログ的方法しか思い付かない事です。
同じ様なものばかり作っていると飽きて来るんですよ、私は。

th_th_hc12-3.png 
五徳をどうにかしないと。

沸騰時間 7m20s (13.7ml) 燃焼時間 10m45s 給湯燃焼率 29.1(今回は一度しか計測してません。)

起動時間も火力も前作と同じ様な結果です、誤差の範囲内です。サイズや数を変更した成果が出ていません、もう少し大胆に変更しないと効果は出ない様です
燃費の良さは引き継いでいます。燃焼の様子を見ていると、明らかに他のストーブと様子の違う部分が有る。有るけれど、それと低燃費の関係は不明です

火力は、ジェット径φ0.7mmをφ1.0mmに拡大し。起動は、センターホールをφ40mmに拡大すれば効果が出そう。但し、燃費を維持出来るのか気になる所です。取り敢えず、既存の2台のジェットの拡大からでしょうね。

ん、ちょっと待って、疑問が・・・。
此のまま進めて行っても、起動がチョット早いだけの普通のストーブになってしまうのでは?。

方針変更する?。
沸騰時間ソコソコな低燃費ストーブ・・・。

・・・そして・・・
このストーブの話は次回に続きません。
最適化は引き続きやって行きますが、同じような話を続けても面白く無いでしょ。
良くも悪くも何かしらの結果が出た時に、適時報告します。


関連記事
スポンサーサイト

Tag:アルコールストーブ HCS 完成版

0 Comments

Leave a comment