archive: 2014年05月  1/1

スポンサーサイト

No image

グルーブストーブ3+3

また私の遊びです。前回12グルーブストーブが私の基準モデルになった。この時比較したストーブ6+3(6グルーブ3サポート)も出来は悪くは無かったが一点気になっていた部分が有って次点に決めた、それはグルーブの数が多過ぎてゴチャッと見える所。それを解消しようと制作。(区別する為に名称+に数字を加えました)3グルーブ3サポートにしたグルーブストーブ3+3。こんな感じ。  流石に火力に期待は出来ない様な気がする...

グルーブストーブ此れで良いのでは

前回の比較は不適切だったので、Φ53mm缶で比較検討します。でも旧作は「梅」にしてしまって残っていない、グルーブストーブも大分作り慣れてきたので新たに制作します。グルーブストーブ+(五徳付き)とグルーブストーブとの比較検証です。改めてグルーブストーブ(りるびわ〜くすさんのオリジナルタイプ)を作り初めて気付いた事ですが、オリジナルタイプのアウターの立上がり部分を伸ばしてグルーブ側に折り込めば缶の厚み分の隙間...

Φ57mmCanでグルーブストーブ6+3

Φ57mmの日本酒缶で五徳(サポート)付きを作った。燃費改善の加工をしようとインナー(グルーブリング?)を抜こうとしたら抜けない、様子を見ながら少しずつ加工して行こうと思っていたがどうせ新たに作り直すなら一度で済ませたい、53mm缶で検証を進める事にした。検証は加工が簡単でストックも多いΦ53mm缶で行う事に決めたのだが、一般的なΦ53mmやΦ66mmの缶は厚みが薄い、あの方法其のままでは強度的(座屈)に不安が有る。57mm...

4グルーブストーブ+

KIKUSUI Canまだ数本有ります。そこで、もう一つグルーブストーブ+の4グルーブタイプを作る事にした。初代はオリジナルそのままに五徳部分を加えて課題の解決を最優先にした試作品。2作目はカタチに遊びをプラスした試作品。グルーブの縦のラインを消してフラット感の有る物に挑戦してみた。スッキリ。...

グルーブストーブ+(Plus)

日本酒のアルミ缶。厚みが有り固くジュースの缶より強度が有る、此れでグルーブストーブを作れば不満が解消出来るかもしれないと閃いた。グルーブストーブの不満は横から摘んだ時の頼りなさ、此の缶なら満足出来そうな予感、制作してみます。加工と言うより切るのが大変、カットの途中でカッターは諦め金鋸で切りました。目の細かい金鋸って無いのでしょうか、後のペーパー掛けがチョット大変でした。で完成です。アルミの厚みが有...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。