--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
25
2015

自作五徳 Fitのスクリーン 2 決定。

CATEGORYつくる
ゼロスタートで考え直し始めたスクリーンです。

ちょっと時間が掛かりましたが、やっとスクリーンを決める事が出来ました。
考え方や、見た目やらと二転三転しちゃいました。

Fit+kone.jpg
前回はココまででした。



前回までは分解防止を主目的にと考えていたスクリーンですが、トランギアで使う場合にはスクリーンが掛かる部分が無いので機能しないんです。そこで五徳のロックを別パーツで用意する事にしました、後付けなのでちょっと気に入ら無いんですが、これでスクリーンはフリーに考えられます。

決めた素材はメッシュです。
網の目は細かくなればなるほど風が通りにくくなるそうです、通りにくいけど少しは通るんです。この特性を吸排気に利用します。特に排熱に上手く機能してくれれば、防風機能が減る代わりに炎の包み込みとストーブ本体の温度上昇を抑える効果が期待出来ます。
ステンレスシートでは排熱が十分に取れず、ストーブが加熱され燃焼時間の短縮が解決出来ませんでした。しかし同時に沸騰時間も短縮しますから、給湯燃料率は悪くはなっかたんですが、見た目の重いボテッとした姿が気に入らなかった事、メッシュの特性に興味を持った事が決定理由です。

何も加工せずに吸気と排気(排熱)のバランスが取れるかもしれない。
メッシュは種類も多いので取り敢えず適当に選んで検証を進めています、未だ検証途中ですが印象は悪くありません。
今のカットしただけの状態で、上の写真のステンレススクリーンと同等な結果が出ています。
ステンレシートより軽く柔らかく、透け感の軽快な印象が気に入っています。

Fit+mesyu.jpg
トランスパレント。

後は動画を作って、五徳の話は一旦終了にします。
とりあえず何とかなりました、無駄にならずにホッとしてます。


関連記事
スポンサーサイト

Tag:アルコールストーブ 五徳 スクリーン メッシュ

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。