--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02
2014

CHS-Jの個人的総括

CATEGORYつくる
CHS-Jは先ずはここまでかな。
ジェットのサイズとかクリースの加減とか興味は有るがやり始めると切りがないし缶の消費も馬鹿にならない。スタンドやウィンドスクリーンなども作らなければ使えない。
CHS21-1.jpg
18クリース 0.7mmx8ジェット



勢いで21クリース仕様も作った。
th_CHS21火
何時もの様に、水 400ml アルコール20ml クリアランス ストーブトップから27mm
16クリース 沸騰6'30"(17.3ml) 消火7'30" 給湯燃料率23.1
18クリース 沸騰6'28"(16.9ml) 消火7'40" 給湯燃料率23.7
21クリース 沸騰6'00"(17.0ml) 消火7'00" 給湯燃料率23.3

16クリースは再検証、前回はかなり早い沸騰時間だったのが気になったので行ってみた、気温(水温)差の影響だったのか今回は有る程度数字が揃った。数字は目安でしか無いが数字の違い(印象)程使い勝手の差はないと思う、何れも沸騰後消火まで1分位の余裕が有る。16でも18でも21でも好みで使えば良いって事だろう、自分の好みは21かな炎に勢いが有る様に見える、バランスが良いのは18、外で使っているうちに火力か燃費か優先順位が解るでしょう。
使用開始まであと1ヶ月、スタンドと風防を作らなければ。

訂正、今までストーブトップからクッカー底までのクリアランスを23mmと書いていましたが27mmの誤りでした。
過去記事を含め訂正しました。適正値は解りませんがスタンドは20mm程度のクリアランスで作ってみます。
 
関連記事
スポンサーサイト

Tag:アルコールストーブ CHS-J トルネード

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。