--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
18
2014

再びステルスストーブ

CATEGORYつくる
最初の記事がステルスストーブでした、中途半端なまま終わりに出来ません。圧力解放策もせずオーバーフローする等と書いたままでは申し訳が無い、りるびわーくすさんはちゃんと注意書きしているし注意のコメントも頂いている。このストーブは姿が気に入っているので使いたい気持ちが強いんですよね。
ただステルスにするとアウターとインナーウォールの差が4mm程度しか取れない、火力に多少は影響が有りそうだ、そこで圧力解放と両ウォールの差を稼ぐ様にしてみた。
th_ステルス4−1
素の姿と用意したリング。



前回12グルーブだったのをオリジナルと同じ4グルーブにした、そしてリングを付け足すとこの様にウォール差4mmから7mm。
th_ステルス4−2写真は有りませんが計測してみました。
給湯燃料率 水400ml アルコール20ml
沸騰 8'45"(15,9ml) 消火11'00" 給湯燃料率25.1
前作より沸騰に時間が掛かっているのはグルーブ数が12から4と少なくなったからだと思う。火力は残念な結果だが消火までの時間は伸びている、グルーブ数を増やせば解決出来る、たぶん。

りるびわーくすさんの記事にかぶってますがパワーブースター効果は有ったようだ。起動時間はリング状の囲みが増えたからか多少長くなったが私には気になる程の物ではない。
主目的は前記した様にウォールの嵩ましと圧力解放だった、水が冷たいとクッカーを乗せて暫くすると火力が弱まり失火してしまう事も無くなった、クッカーを置いた時の安定感が増した様な気もするし改善はされている、残る課題は沸騰時間の短縮だ。

付け足したリングは今は乗せているだけ、でも乗せていないとオーバーフローするだろうし、見た目のゴツさには納得して接着してしまおうか。
関連記事
スポンサーサイト

Tag:アルコールストーブ ステルスストーブ バワーアダプター

0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。