--
--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02
2014

グルーブの無いグルーブストーブ0+5

CATEGORYつくる
グルーブストーブをベースにした私の遊びも遂に此処まで来ました。
3+3ストーブと同時進行していたストーブ。グルーブが有りません、最早グルーブストーブとは呼べ無いかもしれません。
サポートしか無いのですから。

これです。
th_0+5 3+3_Fotor
並べて見れば違いが判る? 左が3+3右が0+5。
3+3の方がスッキリ見える。



ステルスストーブがお気に入りで、57mm缶の4グルーブストーブ+はグルーブを見せない様にして、同じ雰囲気が出せないかと思い作った。でも五徳の後ろにグルーブが有る事を予感させる、ステルスはそれを予感させない所が気に入っている。さらに燃焼試験では燃料が供給過剰で、その対策が思い付かず其のまま中途半端な状態になっている。

グルーブを無くしてしまえばイイジャンと言う開き直り。
th_0+5_Fotor.jpg

ステルスの事は忘れて下さい。でもグルーブストーブ系なのは一目瞭然。

ただの筒では、オープンフレームでは工夫が無いし五徳も必要、ならばとサポートだけは付けた。5サポートにした理由は五徳の 5 を頂いた、理屈を言えば自立安定する最低支点数だから。3サポートは自立する最低支点数で安定の文字は付かない。

作ったからには計測します。水 400ml アルコール 20ml
沸騰時間 7'10" (16.3ml) 燃焼時間 8'50" 給湯燃料率 24.5

普通過ぎる。
3グルーブ3サポートストーブの結果を見て問題ないとは思いましたが、私的には普通過ぎて残念です。と言うか、グルーブストーブには何をやってもソコソコの物が出来てしまう基本設計の良さが有る、でも思い通りの物を作ろうとすると奥は深い。私の遊びには深みが無い、浅い所をウロウロするばかり。

ついにグルーブが無くなってしまいました。
次はこのサポートの山折と谷折りを逆にする、この逆折りのパターンは燃費改善に使えないかと考えている折り型で、低火力長燃焼ストーブが出来るはず、と思う。いや、出来る様な気がする。

まあね、ああだこうだと考えているのも楽しい時間ですよ。
関連記事
スポンサーサイト

Tag:アルコールストーブ グルーブストーブ 0+5

4 Comments

dadmori  

Re: 風防は難しそうで簡単です

りるびわ〜くすさん こんにちは。

先日ダイソーで丸缶形状の灰皿を見つけたのが切っ掛けです。
Φ110mm H=65mm 程で収まりそうなクッカーも有るので
少し手を入れれば風防が出来ると思い持ち帰りました。
ただ風防とクッカーの隙間が狭いので、熱暴走が気になったのです。

特に困っている訳でも無いし。
今使っている風防(市販品のアルミ板の屏風型)で十分そうですね。

解答、有難う御座います。

2014/06/04 (Wed) 08:45 | EDIT | REPLY |   

りるびわ~くす  

風防は難しそうで簡単です

dadmoriさん、こんばんは。

極論を言えばグルーブストーブは、
風に強いので風防は不要です。
それだと見も蓋もないので、
折角なので少しばかり書かせて頂きます。

グルーブストーブは一般的なアルコールと、
原理が全く違うので一般的なアルコールと、
同じ感覚で風防使うと必ず失敗します。

風防で狭く囲い込むと風防と熱結合します。
風防を含めての巨大な燃焼系が出来上がり、
派手に炎が舞い上がります。

風防はポット・クッカーから20mm以上離して下さい。
高さもストーブ本体から10mm位あれば十分です。

風防は風による炎への直撃さえ防げば問題ありません。
こんな広くて低い風防で本当に大丈夫と思う程度でイケます。

お試し下さい。

2014/06/03 (Tue) 22:23 | EDIT | REPLY |   

dadmori  

Re: タイトルなし

りるびわ〜くすさん、いつもコメント有難う御座います。

トランギア五徳、良いですね。
私的トランギア五徳の決定版って無いのであの五徳作りたい。
けど難しそうで躊躇ってます。

そうなんです、変形のグルーブなんですよね。
サポート部は極狭のグルーブなんです。
意図してましたが機能するかは疑問でした。

今の所アルコールの吹き返しは有りませんが
吹き返しそうな気配は感じます、注意します。

失礼しました、私的に普通と言う事で、
幾つも試しているとグルーブストーブの高い平均値も
普通に思えてしまう体に。

お褒めの言葉と素直に受け止めます。
最近はストレス解消の手段にしてます。
またダメジャンは沢山有りますよ、綺麗な所を
写真にしてます。ズルしてます。

唐突ですが、グルーブストーブの風防って難しいですね。
考え過ぎかな、効率と安全のバランス点が判らない。

2014/06/03 (Tue) 12:38 | EDIT | REPLY |   

りるびわ~くす  

dadmoriさん、こんばんは。

自分がトランギアで遊んでいる間に、
ずいぶん楽しいことになってますね。

内壁と外容器の接触面を挟んで、
アルコールが移動しますので、
五徳を挟んだ部分がグルーブと言えなくもないです。

たぶん実験で既にご体験済だとは思いますが、
アルコールが抜けた先の壁の高さが足りないと
生アルコールが派手に飛び散ります。
大変危険ですのでご注意下さい。

グルーブストーブはどんな作り方しても、
さらりと性能が出てしまう事を、
実証して頂いて大変感謝しております。
普通過ぎるとおっしゃいますが、
他のアルコールストーブでは、
これっぽっちも普通ではありません。

それにしても仕上がり綺麗ですね。
特に五徳の麓の切れ込み最高です。
自分だとついつい切り過ぎて、
取り返しのつかないことになってしまいます。

2014/06/02 (Mon) 23:25 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。